ランニングマンで世界一周!ダンス歴25年の集大成ブログ

ダンス歴25年の集大成!ダンスの疑問や悩みの解決方法・トレーニングやダイエットの話題も発信。ダンスに関わる全ての人へアウトプットだ!

MENU

【法則の話】キミの周りの5人の平均がキミを作っている!その理由とは?

今回は有名な法則の話をしよう。

 

 

キミの周りの5人の平均がキミだ

 

アメリカの起業家ジム・ローンが残した言葉。

そして、これは自分がダンスを振り返るきっかけにもなり、それから大事にしてきた成功法則でもある。

 

なぜ、この法則が成功のために重要なのか?

そしてこれをどのように使って人生を好転させるのか?

 

今日はこの2つを説明していこうと思う。

 

最初に、この法則が重要な理由。

それは人が金魚と同じだから。

 

一体どういうことか。

 

ここに金魚の水槽があったとする。

そして真ん中に透明な板を入れて金魚たちを片方に寄せる。

そうすると彼らは向こう側にはいけないことに気づき、その場に留まる。

 

f:id:trade-dance:20190520165811p:plain

 

では、この状態で透明な板を外すとどうなるか?

 

金魚はもう板はないのに反対側に行こうとはしない。

どうせ向こう側にはいけないと洗脳されてしまったのだ。

 

f:id:trade-dance:20190520170223p:plain

 

この状態を心理学用語で学習性無力感と言う。

またはマインドブロックともいわれる。

 

これは金魚だけではなくバッタもよく例えられる。

 

虫かごに入れたバッタは、その高さしか飛べなくなるという話。

 

f:id:trade-dance:20190520170920p:plain

 

そして、当然だがこの学習性無力感は人にも当てはまる。

人間は1度無理だと思うと行動するのを諦める。

しかも人の場合は金魚、バッタより厄介な事がある。

 

それは周りの人間が「そんなの無理だ」というように洗脳してくること。

 

例えば、

 

「馬鹿なお前にはあの大学は無理」

「そんな世の中甘くない」

「それができたら苦労しねーよ」

 

ことあるごとにそう言われることで、キミは行動する前から「きっと無理だ」と諦めてしまう。

 

特に子供の時や育った環境などの影響力は強い。

その否定的な環境や意識付けにより、自分自身で透明な板を作ってしまうのだ。

 

そして、ここでのポイントは、

 

「人間は常に周りの影響を受けてしまうこと」

 

例えば、親しい周りの友達、知り合いなど5人が常にネガティブだった場合。

キミだけポジティブでいることは難しいだろう。

息苦しくなるはずだ。

 

同じように周りの5人や両親が勉強熱心だった場合、キミも真面目になる可能性が高い。

 

自分はやんちゃで自由に育ったけども、親は律儀で心配性で真面目だった。

でも確かに、その性格は引き継いでいる実感はある。

変なとこで真面目だったり、心配することもあるからだ。

それが環境なのか遺伝子レベルかはわからないが。

 

このように人間が集団で生きる以上、周りから影響を受けるのは仕方ないのだ。

だからこそ自分が行きたい方向に応じて、周りの5人を誰にするのか?

そして誰からどんな影響を受けるか自分で選ぶこと。

 

これがとても重要になる。

 

では実際に、成功のための5人の法則をどのように使えばいいのか説明していこう。

 

その方法は大きく分けて3つある。

 

5人の法則を生かす1つ目

 

自分がなりたいと思う人の近くに行くこと

 

これは自分が実際に使ってとても有効だった方法。

ダンスを考え直していた時のエピソードをお伝えしよう。

ダンスに関してはこちらで少し触れている。

 

trade-dance.hatenablog.com

 

 

自分はダンスでこのまま仕事をしていくのか考えていた時期がある。

そんなモヤモヤを抱えながらダラダラと仕事をこなしていた。

 

その当時に出会ったのがダンサーの知り合いでもありトレーダーのY。

彼は株だったが、当時は香港と日本をベースにライフスタイルを形成していた。

 

当時に香港とは今考えると、やはり先見性があると思う。

 

Yはトレードで大成しているワケではなかったが、自由でなにより楽しそうだった。

自分もダンスを楽しんではいたが、怪我、病気、流行り、ダンサーの価値など将来的な不安は否めなかった。

 

そんな自分はYのライフスタイル「トレードとダンスの二足の草鞋」に凄く興味を抱いた。

 

Yは言っていた。

 

「ダンスがなくなってもトレードで稼げる」

 

これには痺れた。

 

そこから色んな投資家、起業家など面白い人脈とも出会えた。

そんな日々が続いたある日、自分の中で透明な板が消えていたことに気づく。

 

そう、周りの5人の変化が現れた時期だ。

それまで自分の周り5人は金の知識もなく、勉強もしないでクラブで酒を飲んで騒いで狭い世界でワサワサしているダンサー達ばかりだった。

  

違うことをスタートするにはパワーがいる。

投資などはリスクを伴うがリスクを犯すことより、失敗しないで今までの安定したダンスライフの方が大事。

 

そんなチャレンジしない人間は今でも多い。

ダンスレッスンを始めると、この労働マインドに傾いていく。

 

起業するくらいだったら大企業に行った方が安心。

いい大学いい会社に入れば人生がうまくいく。

 

こんな人たちも一般的には多いはずだ。

しかし新たな水槽に飛び込むと、そこは全く別の常識で動いていた。

 

例えばリスクを取らないことが一番のリスクという考え方。

できない理由を探すのではなく、できる方法を探すこと。

全ての結果は自分の行動次第。

 

これが新しい環境での当たり前だった。

 

そこで環境が変われば常識が変わること。

今いる環境の当たり前は、必ずしも自分にとって正しいわけではないこと。

 

この2つを初めて学ぶことができたのだ。

 

今までトレードに興味を持ったダンス仲間もいた。

しかし実際にトライし続ける人間はいなかった。

 

自分の自由なライフスタイルを近くでみて

「そうなりたい」

と思っても思うだけでなにもしない。

実際そんなもんだ。

 

「リスクをいかに抑えるか?」

 

という話ばかりの環境から、

 

「チャレンジがいかに楽しいか!」

 

という話をいつでも聞くようになり、自分はその結果今のライフスタイルがある。

 

このように、周りの人からの影響は良い面でも悪い面でも自分が思うより大きいものだ。

 

だからこそ自分がなりたいと思う人や、自分が尊敬できる人の近くにいくこと。

これがまずはとても重要。

 

でも人間関係をガラッと変えるなんて無理。

成功者の知り合いなんていない。

 

という人も多いだろう。

そういう人には、この2つ目の方法もオススメしたい。

 

5人の法則を生かす2つ目

 

本や動画で成功者を周りに置くこと

 

実際に会うことはできなくても、本や動画で成功者の発信をインプットをする。

そうすれば、その人の知識や考え方など成功のプロセスを学ぶことができる。

 

そして彼らの言葉から定期的に影響を受けることで、自分の周りの5人を「孫正義」や「ビルゲイツ」「スティーブジョブス」にすることだってできる。

 

trade-dance.hatenablog.com

 

これが読書の本質であり、多くの成功者が読書をするわけでもある。

実際にビル・ゲイツは本を年間50冊読む。

そして大富豪の75%が一か月で2冊以上の本を読むというデータがある。

 

このように成功者は本を通して自身のアップデートを続ける。

もちろん、これは動画でも同じことで毎日のように動画を通して情報をインプットすることで自分が受ける影響をコントロールすることができる。

 

取り入れた食べ物がキミの体を作るように、インプットした情報がキミの考え方を形成していく。

 

なので、環境を変えるハードルが高い人は本や動画を通して、誰からどんな影響を受けるか選択している。

 

1つ目が難しいなら、この2つ目のステップから始めてみてもいいかもしれない。

 

そして最後の方法。

 

5人の法則を生かす3つ目

 

環境のせいにしてその場に止まらないこと

 

今まで周りの影響の大きさについて話してきたが、これは環境のせいにして自分の現状を正当化していいという趣旨ではない。

 

むしろ、周りから良い影響を受けていないのに、新しい環境に飛び込むことをしないのは環境ではなく自分自身のせいだ。

 

環境に不満がある人は、口だけではなく環境を変えるために行動すること。

これがとても重要になる。

 

例えば、

 

本を読む時間を増やす。

投資をスタートしてみる。

海外に出てみる。

 

など今まで自分がしてこなかったアクションをすることだ。

 

受ける影響を変える努力。

自分の行動を変える努力。

 

この2つの努力を自分ができることから実践してみよう。

 

最後に5人の法則まとめ

 

  • 自分がなりたいと思う人の近くに行くこと
  • 本や動画で成功者を周りに置くこと
  • 環境のせいにしてその場に止まらないこと

 

5人の法則とは、キミの周りの5人の平均がキミだ。

人や環境のせいにする前に、そこから抜け出せない自分を見直すこと。

この意識は年齢がいけばいくほど思考が固まってしまう。

俗に言う「老害」だ。

 

Good trade for you today!

TOP   自己紹介   お問い合わせ

privacy policy・免責事項