ランニングマンで世界一周!ダンス歴25年の集大成ブログ

ダンス歴25年の集大成!ダンスの疑問や悩みの解決方法・トレーニングやダイエットの話題も発信。ダンスに関わる全ての人へアウトプットだ!

MENU

【ダンス未経験者】ダンスを始める前の最初に確認しておきたい4つのこと

 今回はダンス未経験者が最初に確認しておきたい4つをアドバイスするぞ。

 

「ダンスに興味ある!」
「ダンスをしてみたい!」
 
でも、
 
「何からスタートすればいいの?」
「何を確認すればいいの?」
 

 新しい事を始める時は色々悩む。

 

わかるよ。

 

悩んで、調べて。 結局やらない。。。

そんな事にならないためにこれを確認しておけば大丈夫! という4つの項目を教えていこう。

 1.ダンスのジャンルを知ろう!

 

 

てかダンスのジャンルが多すぎ!

そう思ってない?

でも、それ正解!

 

ダンスでもストリート系以外にもあるけど、自分はストリート系なのでそれで説明しよう。

サラッとストリート系のジャンルを簡単に出してみる。

 

「ヒップホップ」・「ハウス」 「ロック」・「ポップ」 「ブレイキン」・「クランプ」 「ビバップ」・「アニメーション」 「ジャス」・「パンキング」・「レゲエ」

 

でもね、これでもまだまだ!

1つのジャンルでさらに細分化される。

例えばヒップホップなら、

 

「オールドスクール」・「ミドルスクール」 「ニュースクール」・「LAスタイル」 「ジャズヒップホップ」・「ガールズヒップホップ」・ ...etc

 

今ならアーバンというジャンルがあったり訳がわからない状況。

1ジャンルでこんなに分かれるなんて。。。

しかも、オールドスクールはポップのカテゴリーに入るなど。

 

もう!そんなのはどうでもいい!

 

大まかなジャンルだけ把握しておけばいいのよ。  

 

「ヒップホップ」・「ハウス」・「ロック」 「ポップ」・「ブレイキン」・「ジャズ」  

 

とりあえず、これでオッケー。

そもそも「ヒップホップ以外は知らないんだけど!」

という人は、ジャンル名で検索すると沢山まとめサイトがあるので確認してみよう。

 

例えばここ。

ダンスのジャンル一覧!|NOA

 

ところでキミはやりたいジャンルが決まってる?

決めてるならOK!

決まってないならアドバイスを1つ。

それは...

 

1番やってみたいジャンルに素直にトライする!

 

これ大事ね。

自分の身体能力、センスとか引け目で判断しないこと。

気になったジャンルのダンス動画を観た時に

「無理!無理!」 て思ったりしてない?

そこで選択肢を無くすのは非常にもったいない!

 

特にブレイキンなんて  

「こんなん無理だー!」

  と思うかもしれない。

 

クランプなども激しいので、

「手が抜けるかもしれん。。。」

「これ腰ヤバいやつや。。。」  

などと引いてるかもしれない。

 

でも誰でも未経験の時期がある。

動画の人もムキムキでなく、ガリガリだったかもしれない。

めちゃめちゃ下手だったのかもしれない。

 

でもね、練習していけば自然と身体は対応してくるよ。

だから素直にやってみたい!と思うジャンルから始めよう。

実際トライして「マジ無理!」 と思うなら次の候補にトライすればいいさ!

2.スクール選びはどうする?

 

習う場所が沢山あって迷うよ!

ジャンルが決まったら次は習う場所を確認しよう。

 

スクールは費用がかかるから慎重になるポイントだよね。

実はこれにも色々選択肢があるんだ。

 

・ダンススタジオ

・スポーツジム

・個人レッスン

・その他

 

説明していこう。

ダンススタジオ

これは一般的に馴染みのある環境。
「ダンススクール 検索」で調べると検索サイトが出るし、そこから場所や条件を絞って比較していこう。
検索サイトの中でもスッキリ見やすくてここがオススメかな。
  
この記事も参考になるかもよ。

スポーツorフィットネスジム

スポーツ(フィットネス)ジムでもストリート系クラスがあるよね。

インストラクターもサービス業と割り切ってるタイプが多く、未経験者には通いやすいのがポイント。

 

コナミスポーツ・ティップネスなどメジャーな場所は費用が高め。

でも近くの公共の施設「区営」「市営」ジムだと費用を抑えることが可能。

高齢者も通いやすくリズム系などの軽めのクラスもあったりする。

 

「ダンススタジオはハードルが高いなぁ。」

と考えてる人にははじめの一歩としてオススメ。

 

ジム探しはこちらでどうぞ。

ジムイコカ

ダイエット系ジム検索ならこちら。

ダイエットコンシェルジュ

個人レッスン

この個人レッスンというのはWEBサービスの1つ。

プライベートレッスンともいう。

 

このサービスは個人のダンサーがサイトに登録、集客してサイト運営に手数料を払うというサービス。

下記のサイトは登録者も多くメジャーWEBサービスなので興味あれば覗いてみよう。

 

ストアカ

ココナラ 

タイムチケット  

その他

この他は少し特殊な環境だけど 専門学校・芸能養成所もあるし、練習サークル的な集まりなどもある。
ローカルで近場のダンスサークル検索ならここかな。

 

色々書いたけども自分の目標や意識で決めて学ぶ環境を決めよう。

 

追記:

スクールじゃなくて独学はどうなんだろうか?

 

と考えてる人もいるかもしれない。

でも独学でも大丈夫! ただ最初だけは基礎を知っておいた方がいいと思う。

独学のデメリットは、 何が間違っているのか判断が出来ない。

ということ。

 

あとは変な癖が付いてしまう。

動きが雑になってしまう。

などの可能性もある。

なので不安ならまず基礎を学びにいく事をオススメする。

基礎を学んだ後にスタジオを退会して独学で練習するのはアリだね。

 

www.shintaka-blog.com

 

 お金がない!そんな人の最強コスパレッスンとは?

 ここで最強のコスパレッスンを教えてあげよう。

それは...  

 

ダンス経験者から"タダ"で教わること! 

 

セコっ!とか思ったな。

そんな過去は全然ないんだぞ。

周りに経験者がいたらどんどん声をかけてみよう!

もしかしたらダンスライフを変えてしまう師に出会うかもしれない。

  

ダンスは練習場所を選ばない

 

これもダンスのいいところ。

習うだけなら外でも十分だし無駄にお金をかける必要もない。

 

ただ、このコスパレッスンで1つ注意ポイントがある。

それは...

 

教える人のセンス

 

理由は、

キミがダサい動きまでコピーしてしまう可能性がある。

ということ。

残念ながら教え方にもセンスがあるし、ダンサーとしてのセンスもある。

教える側は良かれと思っていても、それが余計なアドバイスだったりするパターンもある。

なので、自分が誰を選ぶのか?

それ自体がキミのセンス!

スクールのココをチェックしよう!

 

続いてはダンススクールのチェックポイント。

スタジオのここをチェックしておけば大丈夫!

という項目を全て書いたぞ。

 

  • 場所
  • 費用
  • 雰囲気
  • インストラクター
  • クラススケジュール
  • イベント関連
  • 無料体験の有無
  • おまけ設備(シャワー・パウダールームなど)

 

これは全部説明すると長くなるので別記事にまとめたよ。

具体的に書いたので初めての人は読んで損はないんじゃないかな。

 

www.shintaka-blog.com

 

レッスンに必要な物て何?

 

これがラスト。

実際にレッスンをする時のアイテムについて。

 

これについては...

部活を思い出して用意しよう!

というイメージ。

 

運動部じゃない人はピンとこないかもしれないけど、基本的にはスポーツジムと同じ。

 

・動きやすいレッスン着

・室内シューズ

・ドリンク

・タオル

・制汗or防臭スプレー(必要なら)

 

ふ、普通。。。

まぁ、当たり前のアイテムになるね。

そんな中で1つ注意するポイントがある。

それは...

 

シャワールームがあるスタジオは少ない!

 

少ないていうかほぼ無い。

これは女性には痛いお話だ。

なので汗や匂いが気になる人はスプレーは必須になりそう。

シャワーありのスタジオ探すならここの検索サイトでどうかな。

ダンス・ダンスパーク

【ダンスを始める前に確認】のまとめ

  1. ダンスのジャンルを知ろう
  2. スクール選びをしよう
  3. スクールのチェックポイントを確認しよう
  4. レッスンに必要な物を確認しよう

 

楽しむことは継続になり、継続はチカラになるぞ!

TOP   自己紹介   お問い合わせ

privacy policy・免責事項