ランニングマンで世界一周!ダンス歴25年の集大成ブログ

ダンス歴25年の集大成!ダンスの疑問や悩みの解決方法・トレーニングやダイエットの話題も発信。ダンスに関わる全ての人へアウトプットだ!

MENU

【独学必見!基礎から振付まで】プロ直伝ヒップホップダンス完全練習メニュー!

今回は独学で学ぶヒップホップダンス完全ガイド!

めっちゃボリュームあって動画も多いから遅いのは許してね!

その代わり動画も厳選して選んだよ。

 

注)PCで観るのがオススメ!

動画は2回クリック(タップ)して観てね。

 

  • 「独学で脱初心者までどのくらいかかるの?」
  • 「独学でイベントに出るにはどのくらいかかる?」
  • 「費用をかけないでヒップホップは習得できる?」

 

 最初にズバッというと、 独学でヒップホップダンスは習得可能!

ストリートダンスというだけに元は学ぶ場所はストリートだった訳。

独学が無理なはずがない。

 

でも今はスクールに通う方が効率いいし習得も早いのは確か。

ちなみに自分は独学だけど、完全な独学ではなく2ヶ月ほど週1回(2時間ぐらい)野外の個人レッスン経験がある。

まさにストリートレッスン。

 

そこで何を学んだのか?

 

「裏取り」「簡単なステップ系」

...これだけ。

 

当時はユーチューブもネットも普及してない時代。

その2カ月だけ...。

ほぼ独学といっていいよね。

 

それではここから独学へのステップを見ていこう。

  「独学」「スクール」のメリット・デメリット

まず、独学でダンスを学ぶ良し悪しを確認してキミにとって最善なのか?

を判断していこう。

 

独学でダンスを習得する場合

【メリット】

  • 費用がおさえられる
  • 自分のペースで練習ができる
  • 個性、オリジナリティがでる
  • 考えて学ぶ行動力と情報収集のスキルアップ
  • 自分で乗り越えた経験と自信がつく

【デメリット】

  • モチベーションの維持が必要
  • 周りとの比較がしづらい
  • 意思が強くないと練習時間を確保できない
  • 動きに変なクセがつく可能性がある
  • 外部からアドバイスを得る機会が少な

 

ダンススクールでレッスンに通う場合

【メリット】

  • 周りの生徒と比較できるので自分のレベルが把握しやすい
  • ダンス友達・仲間などのコミュニティができる
  • 発表会・イベントなどステージ情報が得られる
  • スクール・先生に認められると仕事に繋がる可能性がある
  • プロ(経験者)の先生に教われる
  • モチベーションの維持がしやすい

【デメリット】

  • 地方はスクール・スタジオの数が少ない
  • 生徒数が多いクラスはレッスン進行が早い
  • スクールの色に染まりやすくオリジナリティが出しにくい
  • レッスン費がかかる (月謝¥5,000~¥15,000程度+発表会...etc)
  • 人間関係のトラブルに巻き込まれやすい
  • 変な派閥などの嫉妬・悪口なども巻き込まれやすい

 

どうだろう。

 

それでも自分は独学でやる!」 という人は次のステップに進もう。

 独学で学ぶヒップホップダンスの順番

ここでは、独学で学ぶ効率的な順番を書いていこう。

そこでまず1つ注意。

 

独学で最初に振り付け練習は厳禁。

動画を観てやりたくなる気持ちはわかるが「急がば回れ」が大事。

独学で学ぶ効率的な順番

  1. ストレッチのやり方を学ぶ
  2. 基本のリズムやステップ&ノリを練習
  3. アイソレーションの知識と練習
  4. アイソレーションを音の流れで練習
  5. リズム系を音の流れで練習
  6. ステップ系の振り付けを練習
  7. その他のダンススキルの知識と練習
  8. 今のレベルの振り付けに挑戦する
  9. 今のレベルより難しい振り付けに挑戦
  10. 自分で振り付けを作ってみる
  11. オリジナルの振り付けでイベント出演

この流れで目安としてレベルの基準を作っておく。

独学の進歩状況が把握しやすくなるだろう。

 

」までクリア。

脱初心者のレベル

 

」までクリア。

人前で踊れるレベル

 

動画を観て自分でコピーできるレベルは一人前

 

オリジナルの振り付けができる、またはソロパフォーマンスレベルは独学卒業

 

ではここからは、具体的な内容に入ろう。

 

ストレッチのやり方を学ぶ

まずはストレッチから学ぶ。

独学だとストレッチは飛ばしやすい内容だけどダンスは身体が資本。

怪我防止にもなり、身体の柔軟性はつけといた方がいい。

動きにも伸びが出て可動域も広がる。

ストレッチ

基本のリズムやステップを練習

次にリズム・ステップの基本を知っておこう。

アドバイザーがいないぶん独学の場合は基本はしっかりやること!

 

リズムの基本は、

ダウン」「アップ」「」 「前ノリ」「後ノリ」「16」「タメ

とりあえずこの7つだけ理解して練習しておけば大丈夫。

各リズムの説明は動画で確認しよう。

 

ダウン
(ヒザと胸、ヒジを使って下に取るリズム)
ダウン
 
アップ
(ヒザと胸、ヒジを使って上に取るリズム)
アップ
 
前ノリ
(ヒザを伸ばした時に身体を前に倒すリズム)
前ノリ
 
後ノリ
(ヒザを曲げた時に身体を後ろに倒すリズム)
後ノリ
 
裏取り(エンカウント)」
(表リズムの間を取るリズム)
裏取り
 
16ビート
(音を連続で取るリズム)
16ビート
 
タメ
(音や身体を引っ張るイメージ)
タメ

「ステップ」と「ノリ」の違いは?

ノリとは... またはコアな呼び名だとバイブスともいう。 独学でノリを出すには、とにかく慣れるしかない! 個々の雰囲気や個性または癖などが出るムーブの1つ。 ノリにより「ステップ」「振り付け」の見え方や雰囲気が変わる。 ラッパーが音で身体を動かす動作も同じ意味。

ステップ

下半身(足)を使って踊ることが多い。

ノリ

上半身(首・手・肩)を使って踊ることが多い。 とイメージしておけばオッケー。

 

種類・基本は沢山あるので、これだけやれば応用が利く!

という独学のための動画を持ってきたぞ。

 動画の内容としては、

 

「Old School」

ソウル・ディスコ時代のノリ。

 

「Middle School」

ヒップホップ90年代のステップ系。

 

「New School」

ステップ系から派生した新しいノリ。

 

というイメージで練習してみよう。

ちなみに動画の「この外人誰やねん!?」 

この外人はなかなか凄く日本にダンスブームをもたらした外人!

て覚えればいいだろう。

 

マライヤキャリーなどの初期を支えたダンサーでもある。

エリートフォースのリンク(CAP)&ストレッチ(メガネ)。

海外の大御所ダンサーだね。

 

Old School

 

Old School
 
Middle School
 
Middle School
 
New School
 
New School

 

ステップは単発で覚えるより動画みたいに遊び感覚で覚えるのがオススメ!

これが本来の独学ストリートダンスの姿だから。

 

可能ならダンス経験者に見てもらったり、独学仲間を作って教えあうのがベスト。

教えあう(アウトプット)」は ダンスで最も効率的な練習方法!

 

独学で重要な上達ポイントを書いたぞ。 

 アイソレーションの動きを学ぶ

アイソレーションとは 身体の部分的なコントロールをする練習。

 

部分ストレッチみたいな感じ。

首・肩・胸・腰・上半身・下半身 などパーツを意識して動かせるようにする。

なぜアイソレーション練習がステップ練習より後なのか?

ヒップホップは細かい動きより全身を使うノリがメイン。

 

アイソレーションも基礎だけど細かいことより、独学はリズムやステップなど大きな動きを先に練習した方が慣れが早い。

アイソレーションに慣れたら音にも合わせていこう。

 

首のアイソレーション

首のアイソレーション

肩のアイソレーション

肩のアイソレーション

胸のアイソレーション

胸のアイソレーション

腰のアイソレーション

腰のアイソレーション

アイソレーションを音の流れで練習

部分的に動けるようになったら、次は音楽にあわせて練習。

パーツを意識して立体的に表現できるように意識。

下の動画はジャズのアイソレーションだけど、これはヒップホップでも使うので独学でも練習になる。

 

アイソレーション

 

下の動画は独学だと難しいけど雑にやらないで丁寧に。

必ず鏡などで姿を確認してやろう。

特に独学だと変な癖がつきやすくなるぞ。

 

アイソレーション

リズム系の振り付けに慣れる

次は単発のリズムではなく音の流れを意識して練習。

これは1つ1つ止めて練習せず、振り付けのような流れでやろう。

独学は1人でも楽しめる事が大事だぞ。

 

リズム系の振り付け

ステップ系の振り付けに慣れる

こちらはガッツリステップ系。

独学には少しハードルが高いけど、1つ1つは基本のステップ。

左下にステップ名があるので、気になったステップを調べて練習しよう。

動画(ユーチューブ)に速度調整があるのでスローで確認してもOK。

 

ステップ系の振り付け

その他のダンススキルの知識と練習

ステップ・ノリ以外にもダンス要素はある。

ここではその一部を紹介しよう。

 

これを全部練習しておけば、独学でもある程度の対応力が身につくぞ。

独学には超重要な練習方法がある。

 

それは... 動画撮影して客観的に確認する

これを取り入れて全部練習していくと凄い効率的になる。

英語動画が多いけど、観て練習可能だと思うのでトライしてくれい。

 

スライド (ムーンウォーク)
スライド
スライド
ボディウェーブ
ボディウェーブ
ハンドウェーブ
ハンドウェーブ
ターン
ターン
タット (手を使ったポージングダンス)
タット

ポージングを学ぶ

ポージングというのは、ピタッと動きを止めた時のこと。

特にポップやアニメーションはポージング要素が強い。

ダンスの最小単位の表現といってもいい。

 

ポージングがカッコいい人は、何をしてもカッコいい!

 

こう言っても過言ではない。

 

独学だとこのポージングの良し悪しが判断しにくいので、動画撮影をして確認しながら練習。

下の動画はヒップホップとは違うけど考え方は同じ。

この動きをヒップホップに変えて練習しよう。

 

ポージング
ポージング

 今のレベルの振り付けに挑戦する

今まで独学で練習した成果を振り付けで確認。

 

動画を観て自分でコピーできるか?

 

これが独学卒業のファーストステップ。

コピーできたら動画撮影して自分を確認してみよう。

基本ができてないと、振り付けもカッコよくできない。

今までの練習をちゃんとしていれば、このレベルの振り付けはいい感じだと思う。

ステップ系なのでノリを意識!

 

ステップ系
ステップ系

今のレベルより難しい振り付けに挑戦

次はスタイル系を入れた振り付けを練習。

スタイル系とはノリではなく細かい音を意識して型で音ハメしていくスタイル。

 

今は細かい表現が主流になっているので、THE・HIPHOPのノリができたら次はこれを意識。

 

2つとも振り付け自体はシンプル。

独学でここまでいけばもう大丈夫だろう。

ここでもポージング(型)を意識!

 

スタイル系
スタイル系

振り付け練習の補足

独学で振り付けまでいけたら次はダンサー個人のコピー。

 

個人なら「ソロ・バトルの動画

チームなら「チームダンスなどの一部

 

気になった動きやダンサーを部分的に真似していく。

それを自分で撮影と比較。

 

手の動き・角度・表情・ノリ...

何が違うのか?足りないのか?

 

これをチェックして練習すると表現力が格段にあがるぞ。

 自分で振り付けを作ってみる

おめでとうこれが独学最後の課題になる。

 

オリジナルの振り付けは、今まで練習した動きと自分の感性を取り入れていく。

まずは先に音源を決めよう。

MIX音源でなくても大丈夫。

好きな曲や、その半分でもいい。

まずは音を聴いてイメージして、振りを創作イメージすることに慣れていく。

 オリジナルの振り付けでイベントに出演してみる

さぁ!ここまできたら魅せる側にいこうか。

次はステージに挑戦だ。

 

イベントに出る時は、

 

・ソロパフォーマンス

・チームショーケース

 

がある。

2人以上いればチームで。

1人ならソロで出演してみよう。

イベント情報はこちらで。

東京ダンスライフ

 

ダンス独学の習得期間は?

 

独学はわかった。でもどのくらいかかるの?

こんな疑問にも答えておく。

 

今までのように項目で書くと簡単だけど1つの項目に最低でも1ヶ月は必要!

 しかも、毎日取り組んで

 

独学は自分のペースになるので、練習をする意思が必要になる。

ちなみに自分が14歳でダンスをやり、初めてイベントで踊ったのは2年後の16歳。

しかも毎日練習をして。

 

スクールに通っても、独学でも、 上手くなるには練習量が必要

そのためには、「意思」と「期間」が必要になる。

 独学の質とスピードをあげる環境とは?

最後に!

独学の質を高めスピードアップする環境つくりを書いておこう。

 

仲間を探す・作る

結局、独学でも仲間大切!

 

同じ価値観・意識を持つ仲間がいた方が早い。

 

教えあう。

見せあう。

一緒にイベントに行く。

一緒にイベントに出演する。

 

この全てが整う環境になる。

これは1番のモチベーションになる。

 

イベントで積極的に声をかけたり、 こちらのコミュニティサイトを使ってもいいね。

全国の無料広告の掲示板|ジモティー

 

では!

TOP   自己紹介   お問い合わせ

privacy policy・免責事項