ランニングマンで世界一周!ダンス歴25年の集大成ブログ

ダンス歴25年の集大成!ダンスの疑問や悩みの解決方法・トレーニングやダイエットの話題も発信。ダンスに関わる全ての人へアウトプットだ!

MENU

【初めてのダンススクール】失敗したくない!選び方と判断する8つのポイント

スクールが多過ぎてよくわかんない!

 

ダンススクールに通って

「あ、失敗したー」

「こんなの聞いてないよー」

は避けたいところ。

 

そんな人に今日は、

「初めてのスクールの選び方」

と題して掘り下げて説明していこう。

通いやすい場所を選ぶ

 

通う場所は大事!

遠くて面倒になり「やっぱり場所を変えたい!」 となると入会金など再費用が発生してしてしまう。

なので、まずは通える場所(地域)で検索してみよう。

 

「ダンススクール 検索」で調べると色々な検索サイトが出てくるので、そこから条件を絞って比較していくのがいい。

ちなみに、この検索サイトはスッキリ見やすくてオススメかな。

ダンサガ 

交通費もあなどれないし学校や職場とか、ついでに通える場所がベスト。

 

費用を確認

 

基本費用は入会金月謝(またはチケット)。

場所により年会費・事務手数料・カード発行費用などもかかる。

 

必要な人はレッスン着・室内シューズなども出費対象にもなるよね。

ではレッスン受講のコースを説明していこう。

ほとんどがこの4つに分かれる。

 

・月謝

・チケット

・ビジターorトライアル

・ワークショップ

 

月謝

月4回 

➝8000円 月8回 

➝12000円

 

など回数で変化する費用。

受け放題プランもあるけど高めになる。

でも受け放題を売りにしているスクールも探せばあるので「場所 ダンススクール 受け放題 安い」 などで近くのスクールを検索すると穴場が見つかる可能性も。

 【チケット】

これは10枚つづりなどで購入し1回1枚使うという形。

 

メリット

➝スケジュールの自由度が広がる。

(いつ行っても大丈夫)

デメリット

➝期限が有限(半年〜1年など)で1回分が多少高くなる。

 

月謝の場合は「払うなら行かなきゃ!」 という強制感がでるけど、チケットなら1回毎なので気持ちが楽というのがいいね。

【ビジター】or【トライアル】

これは1回だけのチケット。

1回のレッスン費で考えると1番高くなるけども、ピンポイントで通いたいクラスがある場合は有効

要はお試しですな。 

【ワークショップ】

これはレギュラークラスではなく外部のゲストダンサーを呼んで行うレッスン。

旬の外人ダンサーや現役バリバリの人を招く事が多く参加費用も高めになる。

人数制限などもあるので人気の先生はすぐ定員になってしまう可能性も。

ダンスセミナーと思えばいいね。

 

あとは発表会やイベントなどでも費用が発生する場合がある。

むしろこの行事がスクールには大きなプロモーションでもあり収益源の1つになっている。

なので、この発表会で売り上げが立てれないスクールは運営も厳しくなる傾向。

 

なので、参加する際には事前に確認しておきたいところ。

月謝は安いに越したことはないけど安いなりの理由もあったりする。

 

・狭い ・古い ・駅から遠い ・クラスが少ない ・運営が雑

 

など安かろう悪かろうというパターンも。

中にはレッスン用にオリジナルTシャツを購入するところもあるので、しっかり追加費用が無いかを確認しよう。

 

サイトの雰囲気を確認!そして見学

 

スタジオの雰囲気を判断する1つとしてWEBサイトがある。

今やサイトは大事な集客ツールであり看板。

そのWebサイトに気を使っているスクールを選ぶのがオススメ。

 

見やすくしっかり作り込んであれば、運営もしっかりしてる確率が高い。

しかもサイトの中でも以下をチェックしておきたい。

 

・写真(クラス風景・イベント)

・動画(レッスン・スタジオPV)

 

これは雰囲気を見るチェックポイントになる。

あと口コミ評判も確認しておきたいポイント。

検索方法は...

 

・ネット   

➝「スクール名(気になるとこ) 評判 口コミ」

・ツイッター 

➝「#スクール名(気になるとこ) ダンス」

 

などで出てくると思う。

 

特にツイッターはリアルな今を確認できるのでオススメ。

しかし実際検索してみると意外とスクールにヒットしないのでワードセンスが必要かもしれない。

実際にスクールに行ってみよう

事前確認した後は直接スクールに足を運ぶことになる。

まずは見学体験どちらかで大丈夫だけど体験は有料無料があるので確認しておこう。

そして直接チェックしたいのは以下。

 

・想像とのギャップ

・スタッフの対応

・イントラや生徒の感じ

 

さらに深いチェックになると「トイレはキレイか?」

まで探れたりする。

水回りに気を配っているスクールは意識高めだぞ!

 

インストラクターを確認

 

スクール確認の次はインストラクターチェック。

1番早いのは実際に受けてみることだけど、事前に確認できることもある。

・プロフィール写真 ・ダンス動画 ・SNS

(ほかツイッター・インスタ・フェイスブック...etc)

 

【プロフィール写真】
プロフィール写真はダンスでいう履歴書写真と同じ。
各自が自由に用意した素材をスクールに渡すのが基本。
なので性格・センスが写真に現れやすく、それがレッスン内容にも反映されやすいので要チェック。
たまに「キャラ濃いなぁ」という人もいるので見て想像してるだけで楽しいよ。
 
【ダンス動画】
イントラネーム(ダンサーネーム)や所属チーム名で検索するとダンス動画が確認できる場合がある。
スタイルや雰囲気を観て判断してみよう。
アップされている時期が古いとスタイルが変わってる可能性があるので、なるべく最近の動画を確認しておきたい。
 
【SNS】
各アカウントを探してプライベートを確認しちゃおう。
発信内容を見れば生徒の声や価値観や人柄が分かると思う。
その人のキャラが分かる1番のツールなので積極的にチェックしてもいいね。
でも、ほどほどに...
 

その他だと、

・教え方 ・口調 ・距離感 などの相性もある。

実はレッスンに来る生徒のタイプも影響は大きいのだ。

学校と同じで人間関係も非常に大事なので人間観察もしておきたい。

 

あと余談だけどサイトのインストラクター紹介ページでスタジオの方向性や雰囲気が分かったりする。

 

例えば、このダンススクール

「en」

「世界のトップダンサーが集まるEn」

と打ち出している通りサイトデザインやブランディングにこだわりがみえる。

 

こういうコンセプトが明確で意識高め系は"ガチ系"の生徒も多い。

なので「未経験者」や「高齢者」には最初は少しハードルが高い可能性がある。

 

でもここのスタジオは経営者の脱税で摘発されているんだよね。

「3年で1億8000万って年6000万ペースで個人の懐に入れて脱税」

報道に関して|En Dance Studio 渋谷校

これについては近く書こうかと思う。

 

いやぁ、ダンスで食えない人がヒーヒーいうとる中で搾取するのは管理側だね。

発表会で払う側もキラキラの裏で搾取されてる事実を実感するだろう。

でもスクールがこれだけ多い時代に、この金額上がる運営スキルも凄いと思うよ。

 

話を戻して。

逆に、あまりコンセプトや色がなく初心者歓迎!的なダンススクールはアットホームなとこが多いので「未経験者」や「高齢者」は慣れるまでオススメ

 

もちろん最初から「気合を入れてガチ系に行く!」 でもいい。

アットホームで慣れる ➝ 刺激を求めガチ系

これも1つの流れ。

どっちが楽しめるか?を判断しよう。 

 

スケジュールを確認

 

「場所もいい!」 「雰囲気もいい!」 けど、

クラススケジュールが合わない...。

これ結構スクールあるある。

 

「週1回しか通えない!けどスキルアップしたい!」

 

そんな人はこれをオススメしておく。

 習った内容を1週間ひたすら練習する!

 

ダンスは1日だけではなかなか身に付かない。

習った事を1週間でしっかり身につける事が大事。

この記事は週1回のペースの人や独学で学ぶ人にもオススメ。

 

www.shintaka-blog.com

あと「入門クラス」「初心者クラス」どう違うの?

という人もいるだろう。

これを簡単に説明すると、

 

【入門クラス】
➝基本の動き(ボディコントロール・リズム・ステップなど)がメイン。 振り付けまでしない事が多い。
 
【初心者クラス】
➝基本をやりつつ簡単な振り付けをする事が多い。
 

なので、迷ったら「振付けの有無」で選んでもいいかなと思う。

ここでクラス"あるある"を1つ。

 

「入門と思ったら難しかった!」 このようなクラスもある。

原因の多くは、固定生徒の成長によるもの。

入門で来た生徒がどんどん成長して、クラスレベルも上がってしまう。

こんなケースもある。

 

こうなるとクラス内で生徒レベルの差がついたり、入門クラスに新規が入りにくいという問題も発生してくる。

もし「入門でも難しい!」と感じたら直接確認してみよう。

リズムトレーニングは行ったの方がいいの?

スクールの中には「リズムトレーニング」などあったりする。

このクラスはダンス未経験のための内容と思えばいい。

 

リズムのみはダンス+αの要素になるし通常クラスでも十分養われるので、必要性を感じない限り受けなくて大丈夫。

ダンスで基本を掘りたい、色々なリズムを感じたいというなら受けてもいいかも。

 

ちなみに余談。

スタジオにはゴールデンタイムというのがある。

それは、学校や仕事終わりに通える18〜21時などの時間帯。

キッズだと16〜19時など早めの時間帯。

 

逆にデッドタイム(空き時間)というのもあり、このデッドタイムをどう稼働させるか?

これがスタジオの経営手腕になる。

早い時間帯(デッドタイム)に美容系クラス(ヨガ・ストレッチなど)を入れてるのが、それにあたる。

先ほどのリズムトレーニングも穴埋めクラスの1つ。

こういう裏の事情も知って通うと、スタジオに愛着が湧いてくるのでは。

イベント関連を確認

次はスタジオのイベント関係の説明をしよう。

イベントは大きく分けて2つある。

 

・発表会 ・クラブイベント

 

1つずつ説明します。

 

【発表会】
スタジオが大きな会場を借りて開催するダンスイベント
 
各イントラの振り付け(ナンバーと呼ぶ)のショーがメインで、参加メンバーが全員生徒であるため家族や友人を巻き込んだ一大行事。
参加希望者は費用を払い好きなナンバーに参加するので、イントラの人気度が形になる時期でもある。
そのナンバーの中でもオーディションで参加する選抜チームなどあったり、参加メンバーは衣装・追加練習・ミーティングもあり出費がかさむ時期になる。
 
イベントラストのトリ(締め)は、イントラだけで結成されたオリジナルチームが踊る場合が多くイントラの意地を垣間見れる。
発表会の収益はスタジオにとって影響が大きく、その年の明暗を分ける事も。
 
【クラブイベント】
発表会より規模の小さいショータイムイベント
 
クラブの雰囲気を味わいながらワイワイやるイベントが多く、発表会と同じくイントラの振り付けナンバーもあったりする。
違う点では、クラブならではのアンダーグランドで活動するゲストチームも参加するので、よりリアルなダンサー感を体験できる。
生徒数が少ないスタジオや、コアなスタジオが発表会の代わりに開催したり発表会のサブ的なイベントにも。
 

このようにイベント関連はスタジオ全体のモチベーションを上げる一大行事なのだ。

 

「いやぁ、自分は参加しないわー」

と、そんなキミも......  

 

「自分踊れないっす!」(照)  

となり少し動けるようになると...  

 

「人に見られたいっす!」(キリッ)

という願望が生まれてくる。

そして、ステージで踊る人を観ると...  

 

「自分もあそこで踊りたいっす!」 (キラッ☆)  

となる。

1回ステージの経験してしまうと、

「あの興奮、達成感よもう一度!」

というポイズン状態に。

そんな時のためにイベントの準備期間・費用はしっかりチェックだ!

 無料体験の有無を確認

 体験は無料だと思ってない?

いえいえ、有料もある!

例えばここ。

 

大手ダンススクールNOA は有料。

思い込みで行かないように、事前にチェックしておこう。

そこで体験を受けるポイント。

 

経験が浅い人は、自分が通えるレベルのクラスを受けよう。

 

やりたいジャンルの初心者以下クラスがベター。

スタジオによっては体験可能なクラスが決まっている場合があるけど、 特に決まりがない場合、好奇心でレベルを上げると無駄に体験枠を使ってしまう。

 

初心者クラスを受けることでスクールのレベル判断も可能だ。

体験で初心者クラスを受けてみて難しいのであれば、スクール全体のレベルが高めという判断基準にもなるだろう。

 

そして! コスパ重視の人へアドバイス。

色々なスクールの無料体験を受けるだけ受けて、基礎がわかったら独学で練習というのもアリ。

そんなセコい人もいるので体験を有料にしているという話もあったりなかったり。

独学の際には、こちらもどうだい。 

www.shintaka-blog.com

おまけ設備の確認

 おまけ設備とはなんだろう?

それは...

・シャワールーム ・パウダールーム

のような設備のこと。

 

女性には嬉しいポイントだけど残念ながら「なくて当たり前!あったらラッキー!」 ぐらいの意識にしておこう。

スタジオも設備投資が厳しい。

これを目的にすると、いつまでも見つからない。

もしあっても少し費用が高い可能性があるよね。

「ダンススクール シャワーあり」で検索するとちょろっとあったりするかも。

フィットネス系だと常設だけど、ダンススタジオだとないんだよねぇ。

【初めてのダンススクール】のまとめ

  1. 通える場所(地域)で検索
  2. 基本費用は入会金と月謝がある
  3. Webサイトをしっかり作っているか
  4. インストラクターの相性チェック
  5. 行きたいクラスと日程を確認
  6. イベント関連の費用・時期を確認
  7. 体験は無料?有料?の確認
  8. シャワールームはあればラッキー

 

安易に選ぶもよし。 こだわってもよし。 後悔しない、楽しいダンスライフを送ろう!

 
 
TOP   自己紹介   お問い合わせ

privacy policy・免責事項