ランニングマンで世界一周!ダンス歴25年の集大成ブログ

ダンス歴25年の集大成!ダンスの疑問や悩みの解決方法・トレーニングやダイエットの話題も発信。ダンスに関わる全ての人へアウトプットだ!

MENU

【タイのゲストハウス】Long luck guesthouseに宿泊した素直な感想

バンコクの日本人宿で有名なゲストハウスに泊まったから感想を書いてく。

 

 

Long luck guesthouse

(ロングラックゲストハウス)

 

ロングラック

 

f:id:trade-dance:20190903230403j:plain

 

ドンンムアン空港からA1バスでカオサンロード付近までいく。

カオサンから脇道、細道抜けて徒歩5分程度。

行き方は調べれば沢山検索できるのでお任せしよう。

 

公式サイト

Long luck guesthouse - ホーム | Facebook

Long luck guesthouse

 

でここで書きたいのは感想だ。

 

自分は初めてのタイ一人旅でスタートにロングラックを選んだ。

 

理由は、ただ不安だったから。

 

確かに一人、初のバンコクは不安だと思う。

でも安く済ませたい、でもいきなり海外アウェイ感は厳しい。

そんな気持ちで悩んでいる人もいると思う。

 

今回はそんな初ロングラックで悩むあなたの為に書いていこう。

 ロングラックの設備や細かいとこは各自で調べてね。

 

ちなみに自分のプロフィールはこちら

 

trade-dance.hatenablog.com

 

なぜプロフィールを出したのか?

それは、このゲストハウスの空気感は合う人と合わない人がいるから。

 

で、

 

いきなり感想の答えを伝えておこう。

そんな自分は....

 

合わなかった!

不一致!

 

理由をこれから書いていくが、自分のプロフィール記事をみて同じ価値観・シンパシーを感じたキミ!

 

きっとあなたも合わないだろう。

 

その理由を書いていく。

 

若い子が多い

しかし、これだけで理由にはならない。

ここに来るタイプの若い子と合わないのだ。

 

自分は仕事柄話すのも人見知りでもない。

クラブやイベントなど夜の生活も長いので人間対応は幅広い。

むしろ好奇心旺盛なので色々聞きたがりだ。

 

そんな自分でも何故合わなかったのか?

 

まずは着いたとこから説明しよう。

空港からなんとかマップアプリを駆使し到着。

オフラインでも位置がわかるこれは極めて便利。

simを購入しない人は必ず使いたい。

自分はsim購入しなかったので、これがなければ完全な迷い子だった。

 

で、到着後

門の前でスタッフの子に挨拶をして開けてもらった。

 

入り口の目の前の共有スペースにすでに数人の子たちが話してた。

そして、自分を目にした瞬間その軽快なトークが一瞬で止まったのがはっきり分かった。

 

ここにそのタイプくる!?

 

みたいな空気感。

自分の雰囲気、ビジュアルを見て空気が止まっていた笑

 

確かに足にタトゥーあるし、ヒゲだし、顔濃いめだし、体もいかつめ。

 

君たちが今まで近くにいないようなタイプなのはわかるよ。

しかし、あからさま過ぎwwww

 

自分はそれをきっかけにここの人間に興味なくなった。

一見悪そうな人でも明るく「こんにちわー!」

て迎えるキャパがないのだ。

 

まるでゴリゴリのヤンキーが学校に転校してきたかのような。

 

ヤンキー

 

まぁ自分も特に挨拶しなかったんだけどね。

このビジュアルで無言は怖かったんだね、わかるよ。

 

ちなみに自分のすぐ後続で宿泊者が来た。

それは女性3人組だったんだけど、そこには

「こんにちわー!」

があったのだった。。。

 

話してる内容に興味ない

自分の泊まった部屋は、

個室・エアコンなし・扇風機のみ

さらに共有スペースのすぐ近く。

 

ここだとエアコン付きドミトリーより少し安く個室のプライベートがある。

が、共有スペースの会話が近い。

 

そこでは夜な夜な集まって話している内容が聞こえる。

その内容、空気は学生そのものだ。

 

ここは日本か?というぐらい刺激がなかった。

違うといえばここはバンコクというだけ。

ここに来て日本人(学生ノリ)とたむろってワイワイする気にはなれなかったな。

来客タイプのタイミングも悪かったかも学生多い時期だし。

 

もしあなたが20代であり、

 

僕(私)は一人が嫌!!!

外人が苦手!!!

一人怖い!!!

 

という人ならいい場所だと思う。

自分は企画当初不安だったけど、1日目で現地に慣れてしまった。

なのでもはや不安などはなくなっていた。

 

むしろ外人が沢山いるアウェイなゲストハウスにすでに気持ちが傾いていた。

そして早速次のゲストハウスを探し予約したのだった。

 

ここに来るタイプと合わない(個人的)

自分は若い子とは気は合う。(と思っている)

ダンスをしていれば自然と下と交流が増えるからだ。

若いと10代もあるし子供も...

しかし、ここにいる子達はそれとはまた違うんだな。

 

外国の刺激でテンション上がってしまった子。

多分日本ではあまりパッとしない子なのでは?

と感じてしまった。

 

そこを差別、避けてるわけではないけどタイに来てまでこの空気感いらねー。

と素直に思った。

 

それだったら、外人と片言で一生懸命に英語でトーキングしてる方が楽しい。

一人で街探索の方が楽しい。

 

常連の内輪ネタと空気感がダメ

ここは若い子やバックパッカーに人気があるのだけど、その分常連になりやすく身内感がパナい。

 

自分がいた時も一人やけにテンション高い女性がいて、その子は苦手だなーと思った。

私中心!みたいな空気感でサークルの姫的な感じ。

あと、たまたまだけど関西系が多く、やたら元気に話すのが面倒な空気だった。

そんなメンタルに陥り一人孤高な生活を送っていた。

 

基本自分は群れるのが嫌なのだ

そもそも論。

 

仕事ではユニット活動、人が沢山絡む仕事だったけど、また違う空気感だったな。

共学の修学旅行みたいな。

 

タイの一人旅にそんなんいらんねん。

 

以上。

 

最後にロングラックの注意点

  • 孤独がいい人はワイワイ感キツめ
  • 意外と決まりごとが多い(慣れたら平気)
  • 床、壁の振動がかなり伝わりやすい(手作り感)
  • 声が漏れる
  • 洗剤・シャンプーなど日用品は持参しよう(有料ランドリー)
  • あくまでも安宿と割り切る

 ロングラックの良かった点

  • 事前の案内対応が親切わかりやすい
  • 個室のコンセントは2つあり(自分のとこは)
  • wifiが高速安定
  • カオサン近いので歩いてブラブラ可能
  • シャワーも普通に使用でき虫、蚊など気にならなかった
  • 入り口などセキュリティは安心できた
  • スタッフは親切
  • 日本人のマナーが守られている

 

こんな感じか。

 

もし言葉の壁、孤独、情報収集を気にしないなら他に綺麗で安く設備いいとこはもっとある。

 

例えばバックパッカーステーションは良かったかな。

他をあんま知らんけど。

 

果たして、あなたの背中を押せただろうか。

 

have a nice trip!

 

 

航空券とホテルを一緒に予約することでホテル代が全額OFF!

Expedia(エクスペディア) 

 
 

TOP   自己紹介   お問い合わせ

privacy policy・免責事項